タグ別アーカイブ: スワロフスキー

毒蝶 浅葱斑&麝香揚羽

屍肉に集る毒蝶の群れは
大きな長い尾を擦り付け、媚薬である鱗粉をふりまいて冥界への案内人となる
幽世への細く長い道のりをはらりはらりと飛び回り、重たい足取りを軽やかにするだろう
金色に光るは、白き衣の胸元にある磔刑の縁取
月光を映し輝いて、乾いた唇を照らすのだ

チェコビーズ
ガラスビーズ
スワロフスキー

Fuanita

神々への神聖な貢物である私を、焚き染められた香だけが優しく抱きしめる
幸福で美しい生贄なのに、どうしてこんなにさみしいのでしょう
神官たちの無表情な瞳は、鋭利で氷のように蒼く輝く

この肉体を、心を奉げたもう
純白の頂からであれば、神の国は近いに違いないから

硝子ビィズ
スワロフスキー
メタルパーツ